パソコン用モニタにも使えるSharp 液晶AQUOS

  • 2008/07/24(木) 10:19:27

シャープの液晶アクオス(AQUOS)には、パソコンの画面表示を可能にするPC入力端子が付いています。

フルスペックハイビジョン(フルHD)対応のパネルを使用した製品は、通常1920 x 1080ドット に対応しています。それ以下のVGA/SVGA/XGA/WXGA/SXGAといった解像度もパソコン側の出力で水平同期周波数・垂直同期周波数をあわせれば表示することが可能です。(液晶のサイズが大きいからといって、24インチワイド型パソコン用モニタで一般的なWUXGA 1920 x 1200ドットの解像度には対応していないので注意が必要です。 )

一方従来のハイビジョンパネルを使用した製品は 1366×768ドットの解像度です。こちらもパソコン側の出力周波数を合わせればVGA/SVGA/XGA/WXGA/SXGAといった解像度に対応します。



パソコン用モニタにも使えるSharp 液晶AQUOS

アクオスのカタログもしくはWebの仕様表をみて、接続端子のところに以下のような記載があることを確認します。
旧モデルや15インチなどの小さい画面のモデルには接続端子がない場合があります。

接続端子
PC入力
DVI-I(VGA/SVGA/XGA/WXGA/SXGA)
ミニD-sub15ピン(VGA/SVGA/XGA/WXGA/SXGA)

PC音声入力端子 ミニプラグ



パソコンと液晶テレビの接続のポイント

パソコンとの接続のポイントは、
パソコンの出力解像度
パソコンの出力端子とAQUOS側のPC入力端子、接続ケーブルの組み合わせ
デジタル出力端子(HDMI、DVI-Iのデジタル信号[DVI-D])使うか です。
それでは、各ポイントについて詳しく解説していきます。

パソコンの出力解像度 パソコンのグラフィック出力機能について、マニュアルや仕様を調べます。WindowsXPの場合は、次の手順でアダプタの対応している[モードの一覧]を見ることができます。

手順:
(1)[スタート] - [コントロールパネル] - [画面] を順にクリックします。
(2)"画面のプロパティ"が開いたら、[設定] をクリックします。
(3)今表示しているディスプレイの状態を表示するWindowが表示されたら、[詳細設定]をクリックします。
(4)使用しているモニタとグラフィックカードのプロパティ※が表示されたら、[アダプタ]をクリックします。
※プラグアンドプレイモニタとNVIDIA GeForece 6200を使っていたら、「プラグアンドプレイモニタとNVIDIA GeForece 6200のプロパティ」という名前になります。使用している環境によって表示は異なります。
(5)[モードの一覧]ボタンをクリックします。すべてのモードの一覧が表示されます。
※モードの表示が足りない場合は、[モニタ]クリックして「このモニタでは表示できないモードを隠す」についているチェックをはずします。このチェックをはずした状態だとそのグラフィックチップの出力機能で出せる解像度を知ることができます。グラフィックドライバをアップデートしたり、グラフィックに割り当てるメモリを増やせばより大きな解像度や違ったサイズの解像度をサポートできるようになる場合もあります。ここでは難しいので割愛します。

パソコンの出力端子とAQUOS側のPC入力端子、接続ケーブルの組み合わせ
DVI-Iという端子はアナログとデジタルの両方の信号を扱うことが可能です。接続ケーブルや変換コネクタによってどちらかの信号のみを伝送することができます。

主な組み合わせの例:
□デジタル接続
[PC側] 〜ケーブル〜 [AQUOS側]
DVI-I 〜 DVI-Dケーブル 〜 DVI-I
DVI-D 〜 DVI-Dケーブル 〜 DVI-I

□アナログ接続
[PC側] 〜ケーブル〜 [AQUOS側]
ミニD-sub15ピン 〜DVI/15ピンミニD-sub変換ケーブル〜DVI-I
ミニD-sub15ピン 〜ミニD-sub15ピン RGBモニタケーブル〜 ミニD-sub15ピン
DVI-A 〜 DVI-Aケーブル 〜 DVI-I

アナログ接続では、高解像度になるとちらつき、ノイズ、にじみなどが目立つようになりますが、デジタル接続だと信号の劣化がほとんどないためクッキリとした表示ができます。
アナログ接続の場合はモニタケーブルの長さを長くすると信号の減衰やノイズによる影響が大きくなりますが、デジタル接続だとケーブルの長さによる影響をほとんど受けません。

デジタル出力端子(HDMI、DVI-Iのデジタル信号[DVI-D])をつかうと著作権保護機能のHDCPに対応することができる機種があります。パソコンにはHDCPに対応した内蔵グラフィック機能もしくは、増設したグラフィックボードがあること、パソコンとの接続には、別売りのケーブル、変換ケーブルが必要です。

補足:DVI端子付きPCとの接続には、市販のDVIデジタルケーブルが、RGB端子付きPCとの接続には、市販のDVI/15ピンミニD-sub変換ケーブルが必要です。


参考:シャープ アクオス製品ラインナップ
フルハイビジョンモデル、ハイビジョンモデルの各シリーズを画面サイズ別に一覧表示しています。

参考: ディスプレイ解像度の略称リスト
VGA/SVGA/XGA/WXGA/SXGAが縦横 何ドットなのか、今使っているディスプレイの解像度との違いについてリストを見て調べることができます。




この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する