グレアとノングレアの違い

  • 2007/12/09(日) 14:23:29

グレアとは光沢加工された画面、ノングレアとは非光沢加工された画面を指します。家電店などの店頭などで実物を見ていただければ違いはすぐ分かります。

液晶画面の見た目や視認性 を大きく左右するのが、このグレアノングレアの違いです。

好みの違いもありますが、画面全体を見るようなテレビや動画の視聴にはグレア方式、蛍光灯の下で事務用(文書作成や資料作成など)一点や狭い範囲を注視する場合にはノングレア方式がよいとされています。


グレア方式の製品は第一印象で見える画面が特に綺麗に見えるために多くの液晶テレビやメーカー製パソコン付属の液晶モニター、AVパソコン用液晶モニターで採用されています。最近では家電店の店頭展示品のほとんどがグレアでした。

グレアはツヤのある光沢が美しく、物の表現に"ツヤがある"といえばよい意味ですのでノングレアのモニターを使っている人も一度見て見るとよいでしょう。特に家庭で使うパソコン用の液晶モニターのうち、地デジチューナーを搭載したテレビ・パソコン一体型場合にはグレアがよいでしょう。

しかし、グレアはよいところばかりではありません。天井に蛍光灯が列になって並んでいるようなオフィスの事務フロアで使うと蛍光灯や外の光の映り込みが激しく目が疲れます。また、自分の顔や後ろを通る人が分かるくらいよく反射するため、気になってしかたがありません。設置する場所と用途を考えて、グレアとノングレアを選択したいものです。

(参考) ITmedia流液晶ディスプレイ講座:第1回 光沢液晶 vs. ノングレア液晶──それぞれのメリット/デメリットを理解しよう (1/2)
http://plusd.itmedia.co.jp/pcupdate/articles/0505/26/news001.html


EIZOダイレクトの商品案内

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する