チューナー付きディスプレイと液晶テレビパソコン表示対応

  • 2007/10/10(水) 12:54:34

 チューナー付き液晶ディスプレイと液晶テレビのパソコン表示対応機能の差がとっても縮まっている今日この頃です。

 フルハイビジョン (FullHD)対応パネル は、1,920×1,080ドットの表示が可能ですが、パソコンの画面の解像度としてもかなり優秀です。こうなってくると「地上デジタルチューナー付き液晶モニター」を買ったほうがよいのか、フルHD対応の液晶テレビを買ったほうがよいか迷うところですよね。

 最近の機種では使用している液晶パネルが同じ場合も出てきていますが、パソコン用は近くで長時間見ることに合わせて調整してありますし、パネル表面も蛍光灯の映り込みを減らす為にツヤ消し(ノングレア)加工がしてあります。逆にテレビ用は映像の迫力や明暗のくっきり感を出すために、コントラストや輝度を高めに調整してあり、パネルの表面はツヤ(テカテカ)になっています。 つまりどちらを買うか迷ったら、より長時間使う方、メインの利用目的に合わせて買ったほうがよいということです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する