ドット抜け、ドット欠けって嫌い

  • 2007/06/12(火) 18:47:34

 折角買った液晶がドット抜け(ドット欠け)していたり、常時点灯しているドットがあったら嫌ですよね。

 今日はそんなドット抜け(ドット欠け)についてのお勉強です。

ドット抜けについての定義、ガイドライン (参考サイト) パソコン用液晶ディスプレイのドット抜けに関する定量的表記ガイドライン(JEITA)
[表記例1]全体的な表示可能なドット数を表現する。

[表記例2]ドット抜けに対する品質の保証を表現する。

[表記例3]連続あるいは近接するドット抜けに対する品質の保証を表現する。



ドット抜けが発生する原因と確率 画素に対して通電しない状態が画素欠け(黒点)になり、通電した状態が常時点灯ということです。液晶パネルの製造プロセスにおいて、原料中の不純物、エラーやその他工程の問題などから発生します。
1280×1024ドットのディスプレイの場合、1310720ドットの画素があります。それぞれの画素は、色の三要素(赤・青・黄色)を表示するための副画素がら構成されていますので、1280×1024×3=3932160ドットもの副画素があります。このどれか一つでも、回路がつながっていない状態や対もつながった状態になってしまったものがあるとドット抜けになってしまうのです。

有効ドット数の割合は99.9995%という場合には、0.0005%の有効ではないドットがあることになります。1280×1024ドットのディスプレイでは、1280×1024×0.0005/100=6.5536 (個) 約7個のドット抜けや常時点灯する画素があっても異常や故障ではないということをメーカーが表明しているのです。


◆各社の言い訳集
代表的な製品を紹介しているWebページやカタログから集めました。(2007年6月)

[アイ・オー・データ機器]
液晶パネルは非常に精度の高い技術で作られていますが、画素欠けや常時点灯する画素がありますのであらかじめご了承ください。

[デル]
※ TFTカラー液晶パネルは非常に精度の高い技術で作られていますが、特性上明るさのむらや画面に常時点灯/非点灯のドットが存在することがあります。液晶モニタの動作に影響を与える故障ではありませんので、予めご了承ください。

[ナナオ EIZO]
液晶パネルは、非常に精密度の高い技術で作られていますが、画素欠けや常時点灯する画素がありますのであらかじめご了承ください。また、有効ドット数の割合は99.9994%以上です。

[バッファロー BUFFALO]
TFT液晶パネルは、精密な技術に基づいて製造されています。パネル内に画素欠け(黒点)や常時点灯する点(輝点)が存在することがありますが、製品の欠陥や故障ではありません。あらかじめご了承ください。

[NECディスプレイソリューションズ]
ドット抜け割合の基準値はISO13406-2の基準に従って、副画素(サブピクセル)単位で計算しています。TFTカラー液晶パネルは非常に精密度の高い技術で作られていますが、画素欠けや常時点灯するものがありますので、あらかじめご了承のうえお買い求めください。

[三菱ディスプレイ]
液晶ディスプレイは精密度の高い技術で作られており、画面の一部に点灯しないドットや常時点灯しているドットがある場合がございますが、これは故障ではありません。本商品の有効ドット数の割合は99.9995%です。


EIZOダイレクトの商品案内

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する